病気・犬種・成長段階別おすすめドッグフード | 成分・栄養素分析

涙やけや心臓病などの病気、ダイエットや成長段階などの目的に合った食事法をまとめています。また、具体的なオススメドッグフードの紹介など。

*

年を取るとシニア用のドッグフードに変えた方が良いの?

   

 

ラブラドールレトリバー

犬は、年をとると胃腸の働きが弱くなり食べる量も少なくなります。犬で言うシニアとは、年齢にすると7歳前後から。この時期から少しずつフードを変えていくと良いでしょう。

 

ただし、食べる量やウンチの状態などの変化がない場合は、様子を見ながら変えていくのがおすすめ。今まで与えていたものがあっている場合、突然フードを切り替えると食べなくなることもあります。

 

【シニア犬におすすめのフード】

最近では、シニア用のドッグフードも販売されているので、購入する際は、どのような犬向けなのかチェックしながら決めると良いでしょう。できれば、市販されているような安価なものではなくて、しっかりと栄養バランスが取れた消化吸収の良いものがおすすめ。

 

【今までのフードを変えたくない場合】

シニア犬に、今までと同じドッグフードを与えることも可能です。その場合は、食べやすいように工夫してあげてください。例えば、歯が弱くなっている犬には、水でふやかしてあげたり、消化吸収が良くない犬には、消化しにくい穀物が少ないものを選んであげるのが◎

 

しかし、運動量が明らかに減ったり動きが遅くなったり等、目に見えて老化現象出ている場合は、フードを切り替えることをおすすめします。

 - シニア犬・老犬