病気・犬種・成長段階別おすすめドッグフード | 成分・栄養素分析

涙やけや心臓病などの病気、ダイエットや成長段階などの目的に合った食事法をまとめています。また、具体的なオススメドッグフードの紹介など。

*

ドライフードとウェットフード(缶詰)

   

ドッグフードには、ドライフードの他に缶詰やレトルトなどの ウェットフードがあります。 ドライフードとウェットフードの一番の違いは、含まれる水分の量。ドライフードの水分量が10%以下なのに対して、 ウェットフードは70%以上にもなります。 ちなみに、その間の30%程のものを半生タイプといいます。

 

ウェットフードは水分主体のフードということもあり、 ごはんを食べるだけで一緒に水分もとれるというメリットがあります。 さらに、味が濃いため犬の嗜好性も高くなります。 缶詰なので未開封の状態なら保存期間が長くなるのも利点ですね。

 

しかし、ウェットフードは犬にとって必要な栄養素をすべて 摂り入れられないというデメリットもあります。 1日に必要な栄養素を缶詰で摂ろうとすると給餌量の何倍もの量が必要になります。 その分与えると肥満になってしまうので悩みどころです。

 

さらに、プレミアムドッグフードといわれる缶詰にも ドライフードに比べて人工添加物が多いですし、 安全の面から考えてもウェットフードをメインにするのは あまりおすすめできません。柔らかい分、歯が弱くなるという結果も出ています。

 

ただ、体調不良などでどうしても食欲が落ちているという場合に限っては、 食べないと回復しないので缶詰もありです。 ドライフードに混ぜて与えるか、ゆでた野菜をプラスしてあげると より良いです。

 

参照:プレミアムドッグフードランキング【缶詰タイプ】

 

 - 缶詰ドッグフード ,