病気・犬種・成長段階別おすすめドッグフード | 成分・栄養素分析

涙やけや心臓病などの病気、ダイエットや成長段階などの目的に合った食事法をまとめています。また、具体的なオススメドッグフードの紹介など。

*

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは

   

柴犬

 

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓疾患の一つで右心房と左心房を仕切っている僧帽弁が変形する病気のことを言います。僧帽弁が変形してしまうと血液が逆流し心臓が肥大化したり、肺がうっ血して肺水腫を引き起こします。

 

初期症状としては、「咳の回数が増える」「呼吸が苦しくなる」「呼吸が荒くなる」など。さらに、進行すると呼吸困難になり大変危険です。

 

いつもはしない咳が続くような場合は、できるだけ早い段階でかかりつけの病院で診てもらうようにしましょう。定期検診による早期発見も可能です。

 

僧帽弁閉鎖不全症は、7歳を超えたシニア犬に多く見られる病気で、特に、キャバリア、シーズー、トイプードル、柴犬、ポメラニアン、マルチーズ、ミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリアがかかりやすい犬種といわれています。

 

参考:心臓疾患のためのドッグフード

 

 - シニア犬・老犬, 僧帽弁閉鎖不全症, 心臓疾患 , ,