病気・犬種・成長段階別おすすめドッグフード | 成分・栄養素分析

涙やけや心臓病などの病気、ダイエットや成長段階などの目的に合った食事法をまとめています。また、具体的なオススメドッグフードの紹介など。

*

アレルギー性皮膚炎とドッグフード

   

 

犬のアレルギー性皮膚炎には色々な種類がありますが、いちばん多いのが食事によるアレルギーです。

 

もともとアレルゲンとして反応する食材もありますし、ずっと同じものを食べ続けたせいで突然アレルゲンになってしまうものもあります。病院でアレルギー性皮膚炎と診断されたら、まず食事の見直しを行ってください。今では、アレルギーになりにくい原材料を使ったドッグフードがたくさんあります。

 

主原料でいえば、他の家畜ほど添加物やホルモン剤が使われていない馬肉がアレルギー症状を起こしにくいのでおすすめです。羊肉も牛やチキンほどアレルギーを起こしにくいといわれています。また、穀物もアレルギーを発症しやすいので、グレインフリーに切り替えるのも一つの方法です。

 

ここまでは、食事についてまとめていきましたが、アレルギー性の皮膚炎には接触性のものもあります。新しくしたシャンプーや部屋にひいているじゅうたんにも反応することがありますので何が原因なのかしっかりと見極めてあげることが完治、改善の近道になります。

 

 - アレルギー性皮膚炎, 皮膚炎